毎日1回しか飲まないプロペシアだからこそ、正しい服用方法で確かな効果を得てください。

AGAになりやすい体質について

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変化することで、毛根細胞の分裂を抑制してしまい、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまいます。
AGAの原因で最も影響力が強いものが両親などからの遺伝です。薄毛になりやすいホルモンバランスが遺伝するため、AGAになりやすい体質とされます。ただし、遺伝されることによって必ずしも薄毛になるとは限りません。
遺伝などによりAGAになりやすい体質の人が、生活習慣やストレスになどの環境要因によってさらになりやすい体質へと変化してしまいます。AGA発症には、生活習慣や食生活が強く関連しているとされています。運動不足や睡眠不足、喫煙、アルコール、ストレスは代表的な悪い生活習慣です。これらの悪い生活習慣は、血液の循環を悪くし、体内に脂肪が蓄積しやすい状態を作り出します。血液の循環が悪くなることで、髪に必要な栄養や酸素が当否まで行き届かない状態が続いてしまい、次第に髪の毛は細く短いものが映えるようになります。また、ストレスは自律神経に影響を与え、筋肉を収縮させ、毛細血管を圧迫させてしまいます。そのため、血液循環が悪くなります。
たとえ、遺伝という要因を持っている人でも生活習慣や食生活の改善を行うことで、症状の改善や予防が可能です。
生活習慣の改善のポイントは、適度な運動を行うこと、良質な睡眠をとること、バランスの良い食事をとること、自分なりのストレス解消法をみつけることなどがあります。特に食生活影響が大きく、AGAになりやすい体質を持っていない人でも食生活によりAGAになってしまう可能性があります。男性ホルモンの分泌を活発化させる動物性食品の食べる量を減らし、野菜や海藻類、魚、大豆などを積極的に食べることです。