毎日1回しか飲まないプロペシアだからこそ、正しい服用方法で確かな効果を得てください。

よく薄毛になるのは遺伝が原因だといわれます。
確かに遺伝によって薄毛になりやすい体質にはなりますが、実はその比率は思ったよりも小さいです。
遺伝の影響を大きく考える人もいますが、例えば薄毛以外でも太りやすさが体質できまるかといえばそういうことはありません。
つまり遺伝による影響もありますが、日頃の生活習慣によって薄毛になるかどうかが決まるわけです。
人間が薄毛になる要因の多くは不規則な生活が原因で、夜遅くまで起きていたりすると薄毛になりやすいです。
食べ物もからだに悪いものばかり食べていれば、だんだん髪の毛が薄くなります。
また頭皮を洗う時の対応も重要で、余分な皮脂を取り除いていないと髪の毛が生えづらくなります。
このように薄毛を改善するためには、日頃から髪の生えやすい環境を作ることが重要です。
そういう環境があればたとえ遺伝的な問題があっても、薄毛にならずに暮らすことが出来ます。
薄毛にならないようにするためには日頃の食生活を見直し、睡眠をよく取れる環境で過ごすべきです。
そうしておかないとたとえ遺伝的に薄毛になりづらい人でも、場合によっては髪の毛が薄くなります。
遺伝による薄毛の影響はそれほど大きくはありませんかから、髪の毛をふさふさにしたいならば生活習慣の見直しが重要です。


AGA(薄毛)は遺伝に少なからず影響を受けます。
薄毛の原因としては食生活や生活習慣などのさまざまな要因が考えられるので、すべてが遺伝のせいとはいえませんが、全体の25%程度は遺伝によるものと言われています。
よくAGAは隔世遺伝によるものが多いといわれていますが、それは母方からの遺伝の影響が強いためです。
母方の祖父がAGAであれば、孫の代がその性質を受け継ぐことが多いのです。
女性は男性とはホルモンの働きなどが異なるので、母親が薄毛になることはあまりありません。
そのため、隔世遺伝が多いといわれるのです。
しかし、孫の代すべてが受け継ぐわけではありません。
兄弟でもAGAかどうか分かれることもあるので、AGAと遺伝の関係性は絶対的なものではないのです。
AGAの治療をする場合に、遺伝的なものかどうか調べる検査を受けることができます。
また、自分の親や祖父がAGAである場合に、自分もその性質を強く受け継いでいるのではないかと不安に思うかたも検査を受けることができます。
DNAを変えることはできませんが、早期対処や予防するためにも、自分のAGAの原因を知ることは重要です。
早めの生活習慣の改善やプロペシアなどの薬で進行を遅らせたり、ストップできる可能性があります。