プロペシア服薬ガイド

毎日1回しか飲まないプロペシアだからこそ、正しい服用方法で確かな効果を得てください。

プロペシアの正しい服用方法

AGA治療なら港区新橋ファーストクリニック

プロペシアは、フィナステリドとも呼ばれ男性型脱毛症を改善する薬です。
日本では、1,000万人以上の人が脱毛症に悩んでいると言われており、こういった薬を服用し改善するのであれば、誰しもが治療を試みたくなるのではないでしょうか。

プロペシアは、日本だけではなく世界各国承認されている薬です。
日本国内の臨床試験結果では、1mgの1年間の投与で58%、2年間の投与で68%、3年間の投与で78%の改善効果が認められており、現状維持効果も含めると90%以上の改善効果が認められています。
ただし、この臨床試験は、20歳~50歳までの心身ともに健康な中軽度の男性型脱毛症の患者で行っているため、50歳台、60歳台の改善効果は臨床結果よりも下がることになります。

プロペシアは病院で処方してもらえますが、バイアグラなどと同様に薬価基準未収載薬ですので健康保険の対象外です。
正しい服用方法としては、1日1回プロペシアの服用を最低でも6か月間続けることです。
1週間や1か月では効果の判断ができないため、処方してくれた医者の指示に従いながら、継続することが重要なのです。

また、改善効果が期待される分、副作用などについて気をつけておくことも重要です。
48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例のうち11例(4%)に14件の副作用が認められました。
主な症状は性欲減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7)などです。
また、肝機能障害が起こる場合があるので、このような異常に気付いたら、服用をやめてすぐに医師に相談に行きましょう。
割合的には少ないですが、このようなことも理解しながらプロペシアを活用していくことが、正しい服用方法でもあります。

▼プロペシアが欲しいけれど費用を抑えたい方にはジェネリック医薬品
エフペシア通販
▼脱毛治療薬の成分
デュタステリドでハゲを克服